雑録

日常の記録、感想とか

【感想】関ヶ原(映画)

お休みなんで映画を観に行きました
サイリウム持っていかない映画館は久しぶり

今回は関ヶ原(http://wwwsp.sekigahara-movie.com/sp/)
岡田くん主演のやつです

関ヶ原の戦いなんでネタバレもなにも石田三成役の岡田くん負けちゃうんですけど納得する負ける方します

三成と家康の対比が、人の落とし方や合戦への構え方、余裕、いろんな形で描かれてて三成の若さ、青さ、不器用さに正義を通そうとする姿は岡田くんはまってました
あと家康役の役所広司さんの腹芸と天下取りへの欲深さ、腹黒い感じが最高に悪い顔
個人的に島津の軍勢の独特な雰囲気が好きで、残念ながら退き口は描かれないんですけど、得たいの知れない御しきれない感じがシマズゥゥゥって感じ

小早川秀秋の描かれ方がただの裏切り者ではなく、彼もまた若さ故に決断できず、三成と同じく老人に絡め取られた若者だったんじゃないかなあと感じ、決断するシーンは決死の信勝くんと合わせて泣いておりました・・・

やっぱ大きい画面で見る合戦シーンはいいっすね
火縄や大砲の砲声、鬨の声と音も楽しめます

歴史物のいいところはこれはあくまで司馬関ヶ原を映画化したものであって正解じゃないってところですよね~
関ヶ原なんで多くの作家さんが題材にしてますから、これきっかけにみんなも時代小説読もう

【感想】デレマス5th大阪現地一日目(LIVE)

デレマス5thライブツアーSerendipity Parade大阪公演一日目現地行ってまいりました

4thは全落ちしてLVだったんで会場の空気感じるのは1年半以上ぶりだったんですけどやはり現地はいい・・・(LVはLVで見やすくていいけど)

最初の協賛コールのときスニッカーズで合いの手いれた人達すごい

ちひろさんの諸注意から大阪ならではのネタをぶちこんできて笑った
ご当地グッズとか地域性出るからツアーっていいすね

MCははっしーの安定感というかずれがずれない太さというかかわいかったですねえ
今回はるるきゃんとれいさんが中心だったそうでさすがカリスマと松嵜監督です
ひよりさんと都丸さんも初ステージなのに堂々としてた
都丸さんの楽しんでる姿法子だったなあ
途中の棒はスティックドーナツだから
あと感極まって泣いちゃう女性めっちゃ好きなんですけど新田ひよりさん最高です
その影でさっつんさんが株あげてた
後輩にあたるひよりさん気にかけてて最後のMCでもいいこと言ってましたね、思い出せないけど


以下込み上げたものを

セクギル来るとは思ってたけどまさかのフル
コールも楽しいしいろんなアイドルにビーム撃ってほしい・・・
えりぴょんかわいすぎ小さい好き

フリフロ、跳び跳ねてる千枝ちゃんがそこにいたんだよな・・・
子どもアイドルの子達との相性最高なんじゃないか?LMBGでやろ?
wonder goes onもやったしオリメンなしでもやってくれるんだなあうれしい
オレサファとサマカニの爆発力やばい
川島さんパートを歌うカニスマJK好きるるきゃん好き
エアギターは低い位置で足上げたりするとうまく見えるらしい

らんこうめからのキノコ炎上ルナショの流れは会場が血と炎に包まれて最高でしたね・・・コレダヨコレェェ!!!

てかBEYOND THE STARLIGHT来た瞬間涙出たんだが一度条件付けられるともう治らないのかな困る

EVERMOREは何回聞いてもやばい
歌詞が刺さる、特に新メンバーのこと、これから増えてく娘たちのこと考えると目から汁が出るね・・・

心残りは生Tulip聞けなかったことかなあ
静岡やるかな・・・しきふれ・・・
One Lifeも生聞きたひ・・・
欲望が無限に涌く・・・
SSAは落ちた
辛い

【感想】HORIZON ZERO DAWN【PS4】

この表示は一ヶ月以上更新してない人が久々に更新すると表示されます


ここのところお休みの日はずっとゲームしてました
PS4のHORIZON ZERO DAWN (http://www.jp.playstation.com/scej/title/horizonzerodawn/)
ビジュアル見て、(Z○IDSやんけ・・・)と心奪われたわけですが実際のプレイ映像が見れなくてちょっと不安だったんですよね

んでこの間ひとまずクリアーしたわけです(137時間ほど)
感想としてはめちゃくちゃおもしろかったです

まず世界観がものすごく細かい
文明が一度崩壊してるんですけど所々に過去の記録・記憶が散らばってて、ストーリーもその崩壊の理由が主人公の出自と合わせて解き明かされていく展開です
点を線にしていく話って大好物なんすよ・・・好き

機械が地上を支配してるんですがまたそのデザインが良い
近づくとまた細かく作り込んでるなあと
その一方で動きはものすごく動物チックで草をハミハミしてたり発見したらすぐ仕掛けてくる獰猛なやつとか観察するだけでも楽しいです(群を遠くから混乱させて喧嘩させまくってました)
あと進めていくとハッキングして機械を味方にできるんですけどショートしたボロボロの状態でついてくる姿は健気でかわいいです

戦闘スタイルは接近戦の槍と遠距離の弓やパチンコを駆使しますがはっきり言って打たれ強くはないからいかに安全に、また手を汚さずにってのが大事だったなあ
レベルアップがあるので体力は多少心強くなりますが基本はステルスからの誘き寄せて必殺の一撃って感じです
もしくは味方機械に襲わせたり混乱で同士討ちさせたり罠にはめたりと、この辺は某モンスターハンターよりも狩り狩りしてたと思います

ステルス、MGSぽいなあとか思ってたらクレジットに小島秀夫さんの名前がありました
新作に同じゲームエンジン搭載するとかでなにがしかで関与されたのかしら

ボリューム、世界観、操作性、グラフィックから何から非常に満足しました
もっと機械の種類があったらなあって言うのは贅沢ですかね(それでも20機近くいたけど)
あとは大型の機械に乗れたらよかった(サンダージョーで山賊の集落とか襲えたら最高)

ところでEDのあれは続編のフラグなのか?
達成率あげたら真のEDって感じでもなさそうだけど
少なくともDLC、続編どちらが来ても私は買うのでゲリラさんよろしくお願いします

【感想 】LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門(映画)

ルパン三世見てきました(http://goemon-ishikawa.com/sp/)
今年もう2本目の映画で昨年からの映画熱が続いているっぽいです

前作の次元大介の墓標が良かったので今回も楽しみにしてたんですけど非常によろしかったです

劇画調の絵柄でめっちゃ好みなんですけどそこに剣劇が入るとまた最高でした
止め絵が決まるからアクションの緩急が際立つし五ェ門の動きのないシーンが多くてもたるくなったりしませんでしたね

あと今作の敵になるホークの不気味さが際立ってました
たんたんと斧を振り下ろすシーンとか機械的だし、妙に頑丈だし、歯だし
てかこれ完全にミスリードでしょ
引っ掛かってしまった

音響の使い方も効いてて映画館というのもあって音が消えて時の張り詰めた空気は家じゃマネできねえっすね(BD買ったけど)

CGが若干荒かったぐらいか?
それにしても沢城さんの不二子ちゃんエロい

ところで余談なんですが映画のチケットをオンラインで予約してて30分前に発券しないといけなかったんですけど間に合いませんでした
最後尾センター付近のベストプレイスだったのに・・・
しかもスーツ、CDの予約券とか飯屋の百円引き券とか引き落としの明細とかどこかに落とすし
スーツ受け取れたから良かったものの久々に凹んだわー

楽しい思い出とかなしい思い出の混在する休日でした

【感想】2017冬(アニメ)

冬アニメが始まりましたね
ここらで気になったものの感想をいくつか

ガヴリールドロップアウト(http://gabdro.com)
めっちゃかわいいっすね
特にサターニャちゃんが好きですおバカかわいい
タニタしてたら30分終わってしまうので特に言及すべき内容はありません
CV大空直美さんのやかましいキャラいいですね
秋にもそんな装神少女がいたっけな

うらら迷路帖(http://www.tbs.co.jp/anime/urara/)
占い師になるための町で占い師には女の子しかなれないから女の子しか出てこないぜ最高かよかわいい
主人公が元気っ娘野生児だから画面が賑やかで楽しいです

政宗くんのリベンジ(http://masamune-tv.com)
今期のダークホース
主人公に好感がもてる
委員長かわいい小岩井ちゃんかわいい
ハーレムもの・・・ではなさそうだけどこれからの展開が楽しみ

鬼平(http://onihei-anime.com/sp/)
まさかのアニメ化
原作のファンとしては別物として楽しんでます
原作小説も1話完結たまに特別長編で読みやすいのでおすすめです
アニメ化にあわせて本屋に新装版で並んでたのでぜひ

このほかにも昭和元禄落語心中とかセイレン、亜人(田中さんではない)ちゃんは語りたいなどなど今期も非常に楽しみ

あと前山田健一さん楽曲提供が多い気が
たまたまか?

【感想】幸せなひとりぼっち(映画)

長めの正月休みに映画を見に行きました

幸せなひとりぼっち(http://hitori-movie.com)というスウェーデンの映画でスウェーデンでは国民の5人に1人が見たそうな

お話としては妻に先立たれた主人公とご近所との人間模様で、過去回想を挟みつつ、周囲とのふれあいを通じて、頑なだった主人公が解きほぐされていきます

別に激しいアクションとかサスペンスシーンがあるわけではないのでゆったり見れる作品でした(途中2度ほどヒッってなったけど)

ネタバレは好きじゃないんで詳しくは書きませんが、非常に良かったです
主人公オーヴェの不器用さがもう愛らしくてたまらなかった
回想の奥さんとの出会いやデート、妊娠の報告時の少しずれた感じとか所々クスッとさせられました
あと、時にその頑固さでトラブルを招くこともありますが基本正義感からの行動なんですよね
近所のこわいおっちゃんみたいな感じ
最後、すごい孫にデレデレのおじいちゃんになっててほっこりしました
あと猫の演技?がすごい

実はけっこう社会的なテーマも扱ってるらしく、退職後の人生(主人公が自殺を考えるのも仕事やめたからだし)、介護とか就労含めたバリアフリー、多分お隣に越してくる奥さんも移民とかなのかなあ
戦争から逃げ延びてとか言ってたし
真面目な話したら核家族化だとか独居老人とか多分現代日本と近しい背景があるんでしょうねスウェーデン

都内でもヒューマントラストシネマ渋谷と新宿シネマカリテぐらいしか上映してないのでご注意を

そういや作中、ボルボアウディBMWに対してサーフに乗ってる主人公が噛みついてたけどあれよくわかんなかったんだよな
原作の小説では後日談もあるそうなんでそのうち読もうっと

一年の計は元旦にあり

あけましておめでとうございます

前々からやろうやろうと思っていたblogですがよいきっかけなので始めますね

・・・といっても別になにか書くことがあるわけでもないのでせいぜい日常の備忘録とか読んだ本、アニメの感想とかそんな内容になりますが


きっかけってやつは大事で、(特にいつでもやれることほど)物事を始めるタイミングってつかめないものなんですよね
それこそ正月とか誕生日とかそんなことでもないと始めらんないからこれを期にちんたらやっていきます~